助産師に関する法律性

助産師に関する法律性

助産師に関する法律性

助産師に関する法律性というのは、きちんとしたものがあります。助産師に関する法律は、保健師助産師看護師法という法律で定められているのです。助産師になるには、厚生労働大臣の免許を取得しなければなりません。そうしないと助産師として働くことはできません。

 

つまり、国家試験に合格しないと助産師としての業務を行うことはできないわけです!

 

助産師に近い職業には看護師がありますが、看護師は男性でもできますが、助産師は男性がなることはできません。女性だけが助産師になることができます。最近では、出産する場合、産婦人科医に頼るケースが多いですが、それでも産婦人科の減少により、助産師に頼る人が増えてきています。

 

法律で認められた助産師への期待が膨らんできているのです。そうしたことから、看護師が助産師を目指す人も少なくありません。以前まで、助産師は保健婦助産婦看護婦法という名称だったのですが、今では法改正により、保健師助産師看護師法という名称に改められました。それと同時に、法律上、助産婦だったのが助産師に名称が変更されたのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ