学校保健師とは

学校保健師とは

学校保健師とは

保健師は人々の健康をサポートする仕事で、医療機関や公共施設や企業などで活躍していますが、その中の1つで学校保健師があります。小学校、中学校、高校などの保健室にいる養護教諭ではなく、学校保健法に基づき大学や専門学校の生徒や教職員の心のケアと健康と保持増進を目的としています。

 

もし小学校や中学校、高校で同じような仕事をするには、保健師の資格とは別に単位取得が必要になります。また保健師は様々な年代の方の心のケアや健康をサポートしますが、学校保健師に関しては大学や専門学校の生徒、教員が対象になります。

 

学校保健師は一般の保健師とは少し異なり、学生が抱える問題や状況を把握することが大切な上、怪我や発熱、急病などの応急処置、保健室の設備や衛生管理などとても重要です。また大学や専門学校などの規模によっては複数で様々な役割分担を担う必要があります。

 

学校保健師は健康の維持と増進、心のケアが目的ですから、効率よくスムーズに仕事が行えるよう環境を整え、大学や専門学校の教員との繋がりはとても重要になってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ